起業のさいしょ

近年、流通経済の多様化により、企業の立ち上げ、個人事務所の起業が増えて行っております。
しかし、企業の立ち上げや個人事務所の起業には多額の準備金が必要となり、それぞれの起業に関してのハードルは決して低いものではありません。
ここで、その最低限のコストを抑え込み、事務所を持ちやすくするという考えから、バーチャルオフィスの運営が広がってくることになりました。

バーチャルオフィスは、インターネットを使った仮想事務所のようなもので、秘書機能からスケジューリングを通して、管理を出来るようにしたものであり、仮想住所を置くことで、私書箱を使い郵便物を実際に取りまとめ、コールセンターでIP電話に転送する事で極端に初期費用を落とし込む手法になるサービスとなりました。
バーチャルオフィスのポイントは自由度が高い事と、事務所機能としてはしっかりとしたフォローアップが出来ている事で、安心して起業に向かう事ができる事です。その分インターネットを介する事もあり、IP電話という固定電ほどの信頼性をとれない事や、私書箱設定の転送をしないと実際の仮想住所に郵便物が配送されてしまう事が懸念材料ではあります。

バーチャルオフィスの利点を生かす意味で、コールセンターからIP電話への誘導をする事も出来て、IP電話には固定電話のような料金設定でもない事で非常に広く使われるようになってきました。
同じく、私書箱も実際に私書箱集配センターが管理しているので、転送登録することでしっかり郵送物を受け取る事も可能になる事から、起業初期としては充実したものが作れると考えられています。

OUT LINK

私書箱サービスを利用しよう│私書箱OKポスト
シェアリングシステムならレンタルオフィスの活用などでより経費の削減を目指す|シェアリングシステムのDRC
ウェビナーに不安を抱えているという方はお力添え致します!お客様を成功に導くべくしかっりとサポート致します!